処方される下剤

処方される下剤について

下剤を処方されたけど大丈夫?

 

便秘に下剤を使うのはよくないとよく聞きますが、便秘を治療したくて病院へ行くと、下剤を処方されることが多くあります。

 

『これって大丈夫?よくないんじゃないの?』と疑問に思う方もいるかもしれませんが、実は下剤は使い方次第。

 

知識のない人が乱用すると、下剤依存症を引き起こし便秘を悪化させるだけですが、どうしても便がでなくて苦しい時に適切な用法で下剤を使うことは有効なのです。

 

ただし、病院で処方してもらった下剤だからといって、自己判断で乱用することは絶対によくありません。

 

服用は必ず医師の指示に従って下さい。

 

 

病院で処方される下剤の種類

 

下剤といってもその作用によっていくつもの種類があります。

 

そしてそれらは、

 

『腸に刺激を与える』タイプの刺激性下剤(しげきせいげざい)
『便の状態をととのえる』タイプの機械性下剤(きかいせいげざい)

 

の二つに分けられます。

 

 

刺激性下剤のいろいろ

 

大腸刺激性下剤(だいちょうしげきせいげざい)

 

鈍った大腸に刺激を与えて蠕動運動(ぜんどううんどう)をうながし、排便へと導きます。

 

 

効果は大きいのですが、長期にわたって服用し続けると、大腸メラノーシスを起こしたり、腸が刺激に慣れて逆に機能が低下してしまう下剤依存症(げざいいぞんしょう)を引き起こしたりします。

 

ちなみに、ドラッグストアなどで買える市販の便秘薬はほとんどがこの大腸刺激性下剤です。

 

病院で処方される主なものとして、プルセニド、アローゼン、ラキソベロンなど。

 

 

小腸刺激性下剤(しょうちょうしげきせいげざい)

 

小腸に刺激を与えて排便をうながすタイプです。

 

大腸刺激性下剤よりは、副作用は少ないと言われていますが、小腸刺激性下剤としてよく知られているヒマシ油は、妊娠中の人には使えません。

 

 

機械性下剤のいろいろ

 

●塩類下剤(えんるいげざい)

 

主成分である塩類が便の浸透圧(しんとうあつ)を上げ、便の中の水分が出て行くのを抑えます。

 

それにより便が適度なやわらかさになり、排便しやすくなるというわけです。

 

依存性がなく副作用も少ないのですが、成分が塩類なので腎臓に病気のある人は注意が必要です。

 

処方薬としてはマグミットやマグラックスがあります。

 

 

糖類下剤(とうるいげざい)

 

浸透圧によって便の中の水分量を増やし、便をやわらかくします。

 

吸収されにくい糖類が主な成分で、腸内で善玉菌(ぜんだまきん)に分解されることで腸を酸性にし、腸内環境(ちょうないかんきょう)を整える働きも期待できます。

 

D−ソルビトール、モニラックなどが処方され、子供の便秘にも使えます。

 

 

膨張性下剤(ぼうちょうせいげざい)

 

水分を吸収してふくらみ、便のかさを増やす作用があります。便の量が増えることで腸が十分に刺激され、腸の動きが促進されます。

 

即効性には欠けますが、依存性はなく副作用も少ないタイプです。
服薬する時はたっぷりの水と一緒に飲むようにして下さい。

 

処方薬としてバルコーゼが知られています。

 

 

浸潤性下剤(しんじゅんせいげざい)

 

便の表面張力(ひょうめんちょうりょく)を下げて、便の中に水分や油分をとりこみ、やわらかくする作用があります。

 

刺激性下剤と組み合わせて使うこともありますが、処方される頻度はあまり高くはありません。

 

処方薬にビーマスSがあります。

 

 

便秘のタイプと下剤の使い分け

 

便秘は、腸のどの部分に問題を抱えているかによっていくつかのタイプに分かれますが、もちろん下剤もそれによって使い分けが必要です。

 

 

結腸タイプ

 

腸全体の機能が低下して動きが鈍ったり、下剤の長期使用による大腸メラノーシスが原因で起きる便秘のタイプで、大腸刺激性下剤、塩類下剤が使われます。

 

 

小腸タイプ

 

術後の癒着(ゆちゃく)や下剤の乱用が原因で小腸がうまく動かない場合、小腸刺激性下剤や塩類下剤が使われます。

 

 

直腸・肛門タイプ

 

直腸・肛門反射(ちょくちょう・こうもんはんしゃ)がなくなっていたり、直腸瘤(ちょくちょうりゅう)など直腸や肛門周辺の機能低下が原因。下剤ではあまり効果がみられないため、坐薬のほうが有効です。

 

 

内容物タイプ

 

ダイエットによる少食などで便の量が少なすぎ、腸に十分な刺激が伝わらず起きる便秘です。便の量を増やすために膨張性下剤をメインに使います。

 

 

その他のタイプ

 

ストレスなど精神的な要因や、病気が原因で起こる便秘。前者の場合は精神安定剤(せいしんあんていざい)や抗不安薬(こうふあんやく)を使いながらの食事療法、後者の場合は原因となる疾患の治療をしながら、必要な場合に状況に応じた下剤を使用。