最悪の結末もあり得る!?下剤依存症の行く末

便秘を治すためによかれと思って使い続けていた下剤のせいで、便秘がかえって悪化してしまうケースは非常に多いです。

 

悪化した便秘から抜け出すために、また下剤を使う……

 

そんな悪循環にとらわれて、自分の手で便秘をどんどん重症化させている人もたくさんいます。

 

本来なら常習的に使うものではない薬を間違った方法で使い続けたゆえのことですが、下剤を使い続けると腸はどうなっていくのでしょうか。

 

下剤頼みが逆に便秘を悪化させる?

一般的に市販されている便秘薬は、弛緩性便秘向けの『腸に刺激を与えて排便させる』作用のものがほとんどです。

 

このタイプの薬は即効性がありとても刺激が強く、依存性があるため常用すべきでなく、どうしてもの時にだけ使うものなのですが、出ない苦しさから逃れたくてついつい使ってしまう人は多いことでしょう。

 

便意が希薄で、下剤を飲まないと便意が起こらない人で、常用している人は特に多いようです。

 

便意が起こらなくなった原因そのものを改善せずに、薬で強引に出し続けていると、腸の機能はますます低下するばかり。
人の体は刺激に慣れる性質があるため、下剤の刺激に腸が慣れ、さらに強い刺激でないと排便できなくなって薬の量が増えるという悪循環が待っています。

 

便秘を治したくて飲んでいる下剤が便秘をますます悪化させていく、それが下剤依存症です。

 

下剤依存症になると腸はどうなる?

 

下剤を使い続けることで、下剤なしには排便がまったくできない状態になり、規定量以上の薬を必要とする……そんな下剤依存症の人に懸念されるのが、大腸メラノーシスです。

 

健康な腸の内部はピンク色をしていますが、下剤が代謝される過程で腸の壁に色素沈着が起こり、腸壁がどす黒く変色してしまうのです。
色が変わるだけならともかく、大腸メラノーシスを起こした腸は、のびたゴムのようになり、色素沈着のせいで硬化して著しく機能低下します。
大腸メラノーシスを起こす時点で、下剤を相当常用していることが考えられます。

 

下剤をやめれば数年でもとに戻ると言われていますが、ここまで腸が機能低下した状態でいきなり下剤をやめても自力での排便は難しく、医療機関で適切な指導を受ける必要があります。

 

便秘でまさかの死亡!?

便意の消失はある日突然起きるものではなく、徐々に悪化していくもの。

 

はじめは回数が減り、便が固くなったり下腹が出たりなど、一飯的な便意の範囲内ですが、トイレの我慢や下剤の使用を続けているとさらに便意が消失し、便が出にくくおなかが張ったり胸焼けがするなどの症状も出てきます。

 

そうなると食事もうまく取れなくなり、食事量の減少とともに便の量も減り、腸の活動はさらに鈍くなってしまいます。
そして最後は便が全くでない状態に……。

 

また、便が出ないのを放置しておくと、腸閉塞といって腸が詰まり、命に関わるケースもあります。
二週間以上、便が出ない状態が続くようならすみやかに受診すべきです。

 

 

下剤依存はすぐに解消することが困難ですが、日頃の食生活に善玉菌のチカラなどの乳酸菌サプリメントに加え食物繊維を多く摂るように心がけていけば、少しずつですが量や回数を減らしていけるでしょう。

 

「あせらず、長い目で少しずつ」が大切です。